主流の二重手術と埋没法をしてみたいなら大阪でクリニックを探そう

二重

article list

大阪で二重手術をした時のまぶたの腫れ

大阪で二重手術をする時の心配事の1つに目の腫れ具合があると思います。手術でまぶたを二重にするので、大抵の人が腫れてしまいます。ですが、まぶたの腫れが治まるまでにかかる時間は人により差があるのですが、大阪でも殆どの人はまぶたの腫れは治まるようです。一般的に、二重手術をしたその日はハードな運動などしないで大人しく過ごし、顔がむくまないような姿勢をとるようにします。
手術後1週間くらいは体を温めないように過ごすと、まぶたの腫れは早めに引きます。気を付けなくてはいけないことが、二重手術を行いまぶたは腫れているのに無理やりアイメークをすることです。出来るだけアイメークはしないようにしてください。皮膚が弱い人は普通の人よりも腫れがひどくなるかもしれないので、大阪のお医者さんと相談をして、いつごろからアイメークをしていいのか相談してください。
早くまぶたの腫れを抑えたい時は、まぶたを冷やすことです。冷やすことでまぶたの腫れは引いていくので、無理しないように行ってください。どうしても、まぶたが腫れるのが嫌という人には埋没法がおすすめです。まぶたを二重にするためにヒダを糸で止める手術です。全く腫れないわけではありませんが、割と腫れが少ない手術です。

大阪で行う二重手術の種類とその方法について

大阪で話題の二重手術には、埋没法や切開法などがありプチ整形と呼ばれるのが、埋没法に該当します。埋没法は、糸で結び二重まぶたを作る方法で二重手術後のダウンタイムが短い点などもあり、大阪でも良く利用されているやり方です。糸で留めるので、持続年数に限りがあるという面がありますが、その分元の状態に戻すことも可能です。切開法は、まぶたを切開することで二重を作る方法で、耐久性のある二重ラインが可能になります。
しかし、切開するので腫れなどのダウンタイムが長くなるという部分がありますが、皮膚のたるみなども取ることができます。プチ整形と呼ばれる、埋没法による二重手術には、幾つかのやり方がありそれにより耐久性などに違いがあります。2箇所を糸で留める方法や、より強くする為に留める部分を増やすやり方、留め方を複雑にして強固にする方法などがあります。
留め方を複雑にする方法は、持続力が高くなるというメリットがある反面、抜糸が難しいという面があります。大阪での手術後何らかの理由で、抜糸を行う時は他のクリニックだと対応できないケースもあるので、元のクリニックで抜糸する必要があります。また、埋没法の手術後に糸の結び目の膨らみを感じる場合があり、その膨らみを無くす為のやり方などもあります。

大阪で二重手術と埋没法を受けた後のまぶたについて

大阪で増えている、まぶたに糸を通して二重まぶたを作る二重手術となる埋没法は、手術した後の二重のラインはまぶたの腫れによって太く見えます。そのため、手術後は必ず希望していた二重のラインより太いラインになりますが、まぶたの腫れが完全に落ち着けば希望通りの二重幅になります。ちなみに、大阪でも二重手術は片目だけ二重まぶたにすることもできますが、手術した後は片目のまぶたのみ腫れている形になります。
なので、両方を二重まぶたにするより腫れが酷く感じやすいですが、まぶたの腫れが落ち着きにくくなるわけではありません。また、埋没法を受けて理想の二重が完成するまでは、約1ヶ月は掛かることになります。まぶたの腫れや痛みが1週間で完全に落ち着いたとしても、まぶたには微妙なむくみが残ります。そのため、むくみが完全に引けばそれと同時に二重まぶたが完成することになります。
ちなみに、埋没法を受けて1ヶ月経っても、糸の結び目が膨らんでいたり、糸を埋め込むための穴が凹んで見えたりします。これらは、二重手術を受けてから半年経てば自然と改善されますが、それでも改善されないなら埋没法を行った大阪のクリニックで確認してもらうことになります。埋没法を受けて二重まぶたを作った後は、まぶたのむくみが完成に引けば希望通りの二重幅を手に入れることが可能となります。ただし、想定外の二重幅になることもあります。


二重手術をお考えの女性に最適のクリニックのご紹介です!
美容外科クリニックでは、最新の技術で美しくなれるので、ぜひ実感してみてください!安心して二重手術が大阪で受けれるのです!スタッフも優しく、切開しない方法もございます!

press release

大阪で興味のある人も多い二重手術と完全切開法

まぶたを二重にする整形手術にはいくつか方法がありますが、今回はその中でも「確実に理想の二重が手に入る」ことで人気の完全切開法について、メリットとデメリットを紹介します。■メリット■完全切開法のメリットは、やはり理想の形を作ることができ…

more

大阪でも二重手術は時間も短くて低費用な埋没法が主流

美容クリニックで二重手術を受けました。当時は奥二重で切れ長の目だったのですが、ぱっちりとした二重まぶたに憧れていました。美容整形で自分の顔を変えてしまうことは抵抗がありましたが、プチ整形なら周りの友人にも経験者がいてハードルは…

more

大阪で流行中の二重手術と埋没法と切開法の特徴

二重手術は、まぶたに糸を通す埋没法とまぶたを切開する切開法の2つのやり方に分かれます。埋没法は、まぶたに糸を通して二重まぶたを作るので、二重手術の中では安い費用で二重まぶたを手に入れることができます。その上、埋没法の基…

more

大阪で増えている二重手術とそのリスク

二重手術には、糸を使って行う「埋没法」と瞼に直接メスを入れ二重を形成する「切開法」の2種類が存在します。失敗が多いのは切開法といわれており、糸を使う埋没法と違いやり直しがきかないといった理由が挙げられます。これらの手術で失敗する場合は…

more